画やロートアイアンなど自分で表現できること、それに日常の出来事や話題など気の向くままに紹介してゆきます。

2018年2月2日金曜日

今年のデッサン

今年は寒さの厳しい日が多く寒いアトリエでの制作は思うようにはかどりませんが仲間と一緒にデッサンを描く時間は集中して疲れますが楽しい時間でもあります。
今年も早や一か月が過ぎ何人かのモデルさんを描かせていただきました。






2017年10月12日木曜日

一陽展

暑かった夏もようやく過ぎて久しぶりのブログ更新です。
夏の間は画だけ描いて過ごしていたのではないのですが100号を2枚描くのはやはり自分にとってはかなりの仕事でした。
それでも他のことには余り意をそそぐことも出来なくて、いろんなことが疎かになっていたのは否めません。
画の方は描き続けてるうちに意図した方向とはだんだん違ってきてしまい納得の仕上がりではないのですがこれが今の自分なのだから、次はこれを打ち破って進歩したいものです。

遠い記憶 100F 
六本木の新国立美術館で16日まで開催中です。大きく広く明るい会場に展示されると狭い画室で取り組んでいる時とはずいぶん見え方が違います。昨年は初めて入選して会場での自作に面食らったのを教訓にしたつもりですが、やはり違うものですね。
24日からは大阪での巡回展となります。

2017年5月14日日曜日

デッサンの帰り道

天気のいい日はデッサン会の会場、公民館まで徒歩で行きます。
週一回の定例会で、だいたい着衣のモデルさんが中心になります。


往きは10分少々、還りは15分少々とイイ散歩になります。
平日の午後の時間ですから、こんな時間に来れるのは自ずと中高年・・・中の字は小さくし、リタイア後の楽しみに始められ方や年季の入った方まで様々ですが皆さんご自分のスタイルで描いてられます。
この時間は普段になく集中しますのでデッサン終えて、住宅街や竹林を抜けて坂道を辿ると結構疲れてしまいます。


今の季節はこんなのにもお目にかかります。
帰路ではありませんが近くの街道沿いには名産の筍を売る店もあります。
店のわきでは獲れたてを茹でる光景も

2017年5月12日金曜日

サークル展

宇治のサークルFRの作品展に出しました。
60F秋の断片は春に 描いたものがどうも物足りなく大分直しました。でもまだまだ駄目です。
これ以上直しても煮詰まるか全く別物になりそうなのでこの辺で置きました。
ほか10F二点に今回のテーマ顔のメンバー作品の集合に自画像を描きました。
60F 秋の断片

10F 室内の花

10F 夜桜の下

メンバーの集合作品

200×200の3Dキャンパスに、顔がどうにか収まり

5月11日から14日まで宇治公民館で開催中です

2017年4月24日月曜日

イベント

先週末にイベントがありました。
恒例の「お茶ラベル絵コンテスト」の入選作品の展示と併せた関連にベントで、21日には宇治茶レディーに茶摘み娘姿になってもらってのスケッチ会です。
23日はラベル絵コンテストの表彰式がありまして、これまでは他府県の方々がグランプリ獲得されたのですが今回は初めて宇治の方の作品が選ばれました。
宇治の人気ゆるキャラ「チャチャ王国のオウジちゃま」が来場してくれ 皆さん大盛り上がりでした。
今回は私たちの宇治商工会議所「鳳凰会」と地元美術団体 「AFU アートフォーラム宇治」との連携で開催することができました。

アート夢広場: http://suisai-yume.com/

モデル茶摘みさんになってしまいました

2017年4月17日月曜日

芦屋川

デジカメの講習会というのにお誘いを受けていたので行ってきました。
コンデジでも何でもいいという気楽な初心者向けの講習会です。
芦屋川沿いを歩いて撮影し、その後スタジオに移動して先生の講評していただきました。
ひと月ほど前の申込みだったのでその頃には桜などもう散ってるとおもっていましたが今年はどっこい、まだ最後の華やぎを保ってくれてました。



写真は好きですが趣味というほどでないし、撮影ということにこんなに集中して歩いたことはありませんでした。
フレームに収めるため小さなものから、遠くのモノまでそれぞれ観察力と好奇心を高まらせながら歩くと結構いろんなものが見えてきます。
水面の光、虫、鳥、花の色、街並みなどの構図、、、行き交う車、赤いフェラーリ、洒落たレストラン、カフェ、洋菓子店、高級なマンションそれにセレブの方々の豪壮な お邸、それぞれが織りなす風景が様々に見えます。
画を描くこととはまた違うモチーフ捜してることに気づきますが発見する面白さはそれぞれ生かせることがありそうに思いました。

京都の桜

例年は温暖化の傾向で桜も早く開花してお花見も三月になんて様子でしたが今年は遅く、というより昔の春のように戻った様な感じでしたね。
円山公園の料理屋さんでお昼の会がありまして早速の春のお出かけとなり、昼間に円山公園を歩いたのはいつのことだったか記憶にも有りませんが。
枝垂れ桜はまだ開いてません、4日
ちらほら桜、山居の庵のようなところ
今年は桜が長く楽しめました。
我が家の近の桜くもほぼ満開になったところへ雨、
雨があがると一風ごとにはらはらと散り始めこれでしまいかと思ったら急冷となり持ち直し、
ほぼ二週間楽しませてもらいました。


夜、友人たちと来月の同窓会の打ち合わせに出かけました。四条通りも外国の人で一杯です。斜め後ろから「アリガトゴザイマス」「コンニチワ」となどと受け答えの声がするので「どういたしまして」などと横から声をはさむと若い白人の女性が二人。
日本語練習してましたと。さらに尋ねると二週間の予定でスイスから来たとのこと、いい季節にきたねというとラッキーと言ってました。いい旅をと言って木屋町の桜で雑踏する中へ入っていく彼女たちを見送り祇園の夜桜を観に。