画やロートアイアンなど自分で表現できること、それに日常の出来事や話題など気の向くままに紹介してゆきます。

2010年12月18日土曜日

階段手摺り

今年の仕事で少し変わった階段手摺りがありました。
リフォーム住宅なので構造的な変更が出来ない所を残しながら工務店(ブリーズカンパニー様)さんは工夫を凝らされた様子が伺えました。
1階部分の階段側壁を背にして薪ストーブを設置し、その上部部分に吹き抜けを設けてあります。
外せない梁と階段勾配の間が大きく三角形に空いています。
一般的な手摺りを想定されていたようですがこの三角形を活かすように考えてみました。
このあとでストーブの設置をされたそうですがストーブと上に伸びる煙突と 私どもの納めた手摺り・格子がうまくマッチしてるのではないかと勝手に想像しています。
いまごろ施主さまはきっと薪ストーブの周りで団欒をお過ごしではないでしょうか。

2010年12月8日水曜日

ステンドグラス

クリスマスが近づいてきました。
イルミネーションやデコレーションがあちらこちらを飾るようになるとやはりウキウキした気分になりますね。
クリスマスが近づく頃になるとこの仕事が思い浮かびます。
ステンドグラスの枠を注文いただくのは「壁画工房101」さんです。
使われるガラスはダルガラスという分厚くて塊のような状態のガラスで、その表面は割ったような仕上げになるので透過する光の屈折と厚みが普通のステンドとは違った趣があります。
十字架のほかに円形や半円の枠もあります。

2010年12月3日金曜日

ステキな軽トラ

時どきワーゲンバン(タイプ2)もどきの軽バンを見かけますが、それらとはチョットちがってこちらはフランス車的なのです。
そうそう昔のフランス映画なのではよく見かけたシトロエンのバンやトラックの感じなのです。
しかも如何にも、って作り物的感じではなくて、懐かしい昔の雰囲気が伝わってくるような存在感のある車です。
単なるパロディーでなくちゃんとエスプリの効いた出来栄えだと思います。
バンタイプのものは以前私の会社へ乗ってこられて感心したのですが、「軽」ではなくコノ車としてちゃんとそこにある、そんな印象でした。
この新しいトラックタイプの実車は見たことないですが同じレベルの仕上がりに違いないでしょう。
製作をされてるのは静岡県御殿場市のセザムテックさんです。
セザムテックの社長・木村さんは以前はレーシングカーの製作にもかかわってられて車や造形についての想いの深い方です。
外装のコルゲートパネルは当社で加工したものを使っていただいてます。
フランスの田舎?いえ、御殿場です

2010年12月2日木曜日

ラジオ出演

今日は朝からラジオ局へ出勤?しました。
宇治の地元局「エフエム宇治 」です。朝9時から宇治市の市政番組「宇治市探検」で私たちが商工会議所で取り組んでいるイベント「水彩夢広場」を紹介していただくことになったのです。
誰でも一度は描いたことのある水彩画で町おこしに繋げようという想いから立ち上げ次回で6回目の開催になります。
誰でも出せるお気軽展覧会です。参加者による水彩画の展示のほか、宇治らしく「茶ラベル絵 」コンテストもあります。
詳しくは番組のパソナりティー木田さんのブログにも紹介していただいてます。木田さんありがとうございます。
また水彩夢広場のホームページもあります。
番組の写真を拝借しました。スタジオにて